人のために動くと自分に返ってくるのか?の考察。

人の役に立つことが

人として大切だという 思想があります。

お恥ずかしながら昔から私は

人の役に立つ人間になんてなれないと思ってたので

そこはほとんど意識していませんでした。

そしてある時期から

『人のために何かしなさい、それは自分に返ってくるから。』

というようなことを聞くようになり、

さらに矛盾を感じまして。

え?

結局自分に返ってくることを見越して人のために動くのってなんか嘘くさい!

みたいな感じで

余計に

人の役に立つ、人のために、ということをわざわざ意識しなくなりました。

どっちかというと

自分勝手に好きなようにやってましたが

それが良くも悪くもありました。

そこからまた時間が経ち、、

人のために動くことの方がパワーが出る!

という、

ホンモノの、博愛というか、奉仕の心のある人との出会いが多くなり、

ほんとに人の役に立ちたいと心底思っている人っているんだ!と衝撃を受けました。

心のどこかで

人のために…なんて言ってる人は偽善なのでは?

そんな人いるんかな?と思ってたんでしょうね。

でもそれがひっくり返るような素晴らしい心根をお持ちの方がたくさんいたわけです。

そこから

あー、そういう人たちに比べて

私はなんで利己的なんだと自分にがっかりしはじめました。

浮き沈みを繰り返しながらも楽しくやってきたわけですが

人のために動ける美しい人たちと自分を

心のどこかで比較してしまってました。




そんな時間を

子供の頃から何十年もすごしてたわけですが

なんと、

ここ数年、

他人様の平穏を本気で祈っている自分がいることに気づいたのですよ。

身内とか血の繋がりがある方ではない、いわゆる赤の他人の幸せを祈れる私って!

一体何がそうさせたのか?

これは

身の回りの出来事に対する自分考察の繰り返し、

としか言えないのですが

とにかく

他人様の幸せを祈れる自分がほんとに嬉しくて。

人の平穏や幸せ本気で祈れる自分を全身で感じた時、

今までに感じたことのない喜びが在りました。

そしてその喜びは比較的長く続く笑笑

陰陽五行思想のなかで

私が苦手とする感情は

恐怖を感じること と

喜びを感じること なのですが

きちんと意識すると

そういや何年も前から

他人様の平穏を祈っていて

その祈りはこんな深い喜びをもたらしてくれたのかと。

私は割と最近まで

喜び自体を知らなかったのかも。ね。と。

『人のために何かしなさい、それは自分に返ってくるから。』と、

これは本当のことでした。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示