top of page

意識の次元を上げていく

今の私のベースに在るものは

陰陽五行思想なのですが、

若い頃から聖書との縁があり、

勉強会に参加してた時代があります。


最初に哲学書的なものを読んだ時聖書からの引用が多かった。から始まり

入社した会社の経営者がクリスチャン。

その次の会社も朝礼の時に聖書を読んで始業。

ついには

義妹の旦那さんが牧師さん…。

身内が教会を主宰しているわけですね。


ここまで縁があるわけですが

洗礼は受けてないんですがね。

聖書の勉強は面白かったです。




イエスキリストの行いや御言葉の意味とかを

純粋に教わっていたわけですが

今となってはそれらは例えの連続で

現実的な出来事に当てはまることばかりだった!と驚くことばかりだったりします。



プロテスタント教会は

イエスキリストの像は見当たらず豪華な祭壇もありません。

偶像崇拝を良しとしない。ことがその現れで

それも一因となって

カトリック教会とは対立した模様です。



と、

前置きが長いですね💦


たとえ、どんな素晴らしい教えでも

自分の中に依存心があると

非常に厄介なんですね。


なぜなら

その依存心に入り込むネガティブなエネルギーがあるからです。


この薬を飲んでるから大丈夫!

と思い込みすぎていたら

日常生活をおろそかにしてしまうかもしれないですよね。

根本に不摂生があるのとないのとでは違いますもんね。

こういうちょっとした隙の正体は

依存心なんです💦


偶像があると依存しやすくなるかもな。

ということで

プロテスタントは枝分かれしたみたいですね。

聖書内にも偶像ダメよと書かれている箇所があります。

カナリざっくりですが。



もし

仏神が助けてくれる!

ご先祖さまにお願いしよう!

この石があるから大丈夫!

親が、先生が、あの人が、、言っているのだから間違いない!


と、いう感じのノリを発見したときは

あれ?もしかして私の中に依存があるのかな?

と疑ってみることをお勧めします。



そして、

どう変換すべきか。なのですが、


その仏神(の教え)を信じている自分を信じる

ご先祖さまを大事にしている自分を信じる

石に込めた自分の願いを信じる

親、先生、あの人、、を信じている自分を信じる


という感じが最高ですね☆


結局のところ、

こう↑書いたまんまなんですよね。


外側の何かに依存してしまうと、

○○のおかげで。も発生するのと同時に

○○のせいで!の可能性もあるわけです。

自分が思ってもみない方向に動いてしまうかもしれない。




そらと、正反対のようなこと、

「自力でどうにもならないことがある

そんなときは時に身を任せよう」


というようなことを

私もこのブログの中で

たまに書くのですが


これすらも

時に身を任せることにした自分を信じる。のです。



自分を信じる。

自分の芯を意識する。


これが

依存心からの脱却となり、

支配されやすい思考を書き換えることにつながります。


最終的にはこれが

意識次元の上昇につながっていくんですね〜



あ、ちなみに

この記事も

ご自分に取り入れるに値するかどうかを

一度考えてみてくださいね!


キネシオロジーは自分の本心を聞き出す手法なので

自分に聴くことができますよ~


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page