陰陽論の習慣化で安心が得られる

陰陽論というと謎めいた、あやしい印象を受ける人もいると思います。

もともとは古代中国の思想に端を発した、

森羅万象、宇宙の物事を様々な観点から

陽と陰の二つのカテゴリに分類する思想

とウィキペディアにはあります。

お隣の国、中国のものであれば

もっと日本にも浸透してもいいと思うのですが

あまりにも偉大な思想だったからか、

江戸時代の有力者によって一般の民に使われることのないよう、

封印されたという説もあります。

陰陽論が習慣化すると

・病気になりにくい、原因を特定しやすい

・心や幸福感が得られる

・生活や考え方が合理的になる

など、いいことづくめなのですが

何しろ健康で幸せな人はがつがつしないため、

購買意欲や消費欲求が低くなるんです。

だから正直、モノが売れなくなる。

お金を集めたい権力者には

そんな思想が蔓延されたら困ってしまうのです。

だから封印した。のですね。

当の中国さんはこの思想をどう扱っているのかはわかりませんが^^

今の日本も、情報統制などがあるとも聞きますから

良い情報、正しい情報が得られるかはわからない。

昔とさほど変わらないのでしょうね。

アンテナを高く張って

良い情報を

自分でキャッチすることが大事ですね!



4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示